副業を始めよう

副業のススメをご覧いただきありがとうございます。

副業のススメでは、誰でも簡単に始められるようなスマートフォンのお仕事から、パソコンを使ってスキルを活かせる本格的なお仕事まで様々な副業を紹介しています。

自分のライフスタイルに合わせて副収入を得ながら豊かな人生を目指していきましょう。

このページでは副業の前に「なぜ今副業が必要とされているのか」

その理由と背景をわかりやすく解説していきます。

 

まず副業の種類を知ろう

突然ですが、「終身雇用」という言葉をご存知ですか?

まず、副業をする上で避けて通れないのが、「終身雇用」と「ブラック企業」です。

終身雇用とは

戦後の高度成長期に生まれた言葉で、90年台前半まで広く日本の社会に浸透した言葉です。

終身雇用(しゅうしんこよう)は、同一企業で定年まで雇用され続けるという、日本の正社員雇用おいての慣行である。(引用元:wikipedia

これは企業が労働者に対して、「定年するまでずっと雇い続けますよ」という約束なのですが、今でも日本的な雇用慣行として深く根付いています。

しかし実はこの終身雇用制度、公務員と一部の大企業を除いて崩壊しています。

企業の終身雇用はもはや幻想

そもそも終身雇用が生まれた経緯はなんでしょう。

終身雇用は戦後から高度成長期の日本で生まれたと言われています。

世界中を見ても終身雇用なんてものは日本以外ありません。

ではなぜ、日本で終身雇用という言葉が生まれたのでしょう。

 

高度成長期の企業

高度成長期の日本では、企業は大きく成長し、資金力を豊富に持っていました。

景気も上昇する中でもっと会社を大きくするために、どこも優秀な人員を確保することに全力を注いでいた時代です。

しかし人材には上限があります。

日本は島国ですし、移民もいません。

国内の人材となると、必然的に他社との奪い合いになります。

無理やり給料を上げて他者と競争をするとイタチごっこになってしまい、最終的に共倒れになってしまいます。

より良い人材を確保するために企業がとった戦略・・・それこそが終身雇用だったのです。

終身雇用という条件を出す事で、他企業への引き抜きを防ぎ、愛社精神を養う事に成功しました。

また終身雇用は、年功序列制度という慣習を生み出しています。

同じ会社で年月を重ねる事で愛社精神を持った社員が重要ポストについて、さらに会社を発展させる仕組みです。

その後はバブルの後押しもあって、終身雇用という制度が世間に深く浸透する事になりました。

ですが、これは企業に利益が出続けなければ成立しません

終身雇用は終わり、リストラと派遣の時代へ

そのバブル経済はどうなったのか。

これはご存知ですよね。

バブルは崩壊し、その後不況が訪れ、経営が苦しくなった企業は多くの社員がリストラする事になりました。

バブル崩壊後の企業

製造業の派遣労働者は真っ先に削減され、住居を失った労働者たちに炊き出しをする「派遣村」が大きく問題になりました。

この頃になると、就職氷河期などニュースでは非常にネガティブな話題ばかりがとりだたされ、国民全体が不安に陥ってしまいます。

さらに追い討ちのように2008年にはリーマンショック、2009年には「派遣切り」という言葉が流行語のトップ10を飾るようになりました。

終身雇用という言葉はもう幻想のものとなり、労働者にとって将来が見えない非常に不安な世の中になってしまったのです。

就職氷河期とブラック企業の登場

長引く不況が続き、パートやアルバイトの求人でさえも見つけるのが難しくなりました。

そのせいか以前ではありえないほど安い時給と過酷な条件で働らかされるアルバイトやパートさんが増えていきました。

もちろん正社員も他人事ではありません。

企業と社員の立場は完全に逆転してしまいます。

その頃から安月給、長時間労働、サービス残業という過酷な条件で求人を募集する、いわゆるブラック企業が増えていいきました。

就職氷河期と言われる時代では、就職する事さえ困難です。

どんなに悪い条件でも、就職して安定しないとダメだと、必死で企業に内定しようとします。

悪い条件でも、好きじゃない仕事でも正社員として新卒で就職したいなら、多少のブラックな面には目をつぶらないと就職浪人が確定してしまうのです。

新卒でなければ採用しないという企業もその時非常に多く、みんな就職するのに必死だったんです。

一方、ブラック企業は正社員といった甘い誘いを餌に、自ら労働するように仕向けます。

長く勤めればいつか上司みたいに出世できると信じ込んで、自分に無理をさせる若者も珍しくありません。

あえてそう意識づけている企業も多くあります。

しかし、そんな保証など実際はどこにもありません。

終身雇用はもう過去の話なのです。

 

政府が推進する「働き方改革」

 

今は大企業も安全とは言えない時代であることは言うまでもありません。

現在、大手企業の不景気なニュースをよく耳にするようになりました。

仮に大企業が倒産してしまえば、失業者は大勢現れます。

大企業が倒産すれば、下請けの会社もダメージを受けます。

倒産まではいかなくても、多くの人の給料やボーナスが下がり、リストラの対象者も出ます。

そうなってしまえば、もう他人事とは言えません。

ネガティブな思考に見えるかも知れません。

しかし、いざという時の為に、自分で稼ぐ力を備えることはこれからの時代必須だと言えるでしょう。

今重要なのは個人で稼ぐ力

現在では、副業として本業とは別に仕事をするケースが非常に多くなってきました。

『残業の法的上限規制』も国によって検討されています。

もし実現すれば時間に余裕ができてくる人が大量に出てきます。

会社では効率よく仕事をこなし、定時に退社。

しかし、これまで残業代で稼いできた人は死活問題でしょう。

残業ではなく、副業で稼いでいくスタイルが今、注目されているのです。

実際に副業をするといくら稼げるのか

普段サラリーマンをしている人が副収入として副業を選んでいるケースはもう珍しくありません。

月収15万円の人が副業で10万稼いでいるケースも増えて来ました。

合計すると月25万円です。

単純に月のお給料だけで見ると、年間180万が300万になります。

これは平均的なサラリーマンの収入に相当します。

生活する上でこれは相当大きい収入ですよね。

以前は肉体労働が主な副業でしたが、今はネットが普及した事で収入を増やすチャンスが生まれています。

これが企業に頼らない、これからのサラリーマンに必要な事なのです。

すでに重要なポジションについていて、十分な給料をもらっていれば

年齢が若いほど、副業に関する興味は高い傾向にあります。

25~34歳の男性社会人489人を対象にしたアンケートでも、副業経験者が約27%、してみたい人も約43%と、実に7割が副業に関心アリと回答した。
引用元:r25.jp

副業は技術にも時間に縛られない

副業をする事ってとってもハードルが高いものと思っていませんか?

「特別な技術なんてない・・・ 」

「副業をする時間がない・・・」

「家族と過ごす時間がなくなってしまいそう・・・」

もしそう思っているなら、それは間違いです。

確かに現在でも、アルバイトや日雇いなどの労働はあります。

しかし現代はネットの時代です。

ネットを通して会社が利益をあげているように、あなたの努力次第で、同じように利益をあげる事ができるでしょう。

もちろん、日雇いのバイトみたいな面接なんて一切必要ないですし、移動時間すら必要ありません。

パソコンさえあれば、今すぐに始める事だって可能です。

そこがネットで副業をする最大のメリットと言っても過言ではありません。

家にいながら、家族と一緒に過ごす事ができる。

スマホ片手に家計の足しになる利益を得る事ができる。

家庭と仕事を秤にかける事なんて考えなくても良いんです。

副業って決してハードルが高いものではなく、気軽にできるものがたくさんあるって事をまずは知りましょう。

ネット副業って簡単?どのくらい稼げるの?

これは副業の種類で大きく変わってきます。

特にスキルがなくても2万円から、会社で得たスキルを使い月に数十万を軽く超えている人もいます。

最初は簡単な仕事から始めてみよう

いきなり数十万稼げる副業というのは初心者にはかなり難しいです。

大きく稼ぐには、それなりのノウハウが必要です。

なにより、ネットを使って副業するというのは、最初は「実際に稼げるかわからない」という壁が必ず発生します。

初めて参入するなら慣れている事の方が珍しい訳ではありません。

しかし、使い続けるうちに必ず慣れます。

毎日一歩ずつでも前に進んでいく事で、あとで振り返った時に大きな前進になっています。

どうせやるなら大金が欲しいというのが本音だと思いますが、最初は無理をして背伸びせず、今出来る事を今やってしっかり稼ぐ事を実感しましょう。

それが副業を成功させるための一番の近道です。

焦らず、しかし確実に収入を伸ばしていきましょう。

初めての人にオススメの副業

もちろん、全部選択しても構いません。

どれも時間拘束は短いので、簡単に始める事ができます。

それぞれのページでメリットやデメリットを紹介しています。

パソコンを使って稼ごう

パソコンはスマートフォンに比べ、より専門的な仕事ができます。

本格的な仕事でもパソコン1台あれば、家で子供の面倒をみたり、家事をしながら仕事をする事も可能です。

ノートパソコンを持っていれば、カフェや外でのびのび仕事をすることができます。

(wifiスポットや、)

好きなときに自分のペースで仕事ができるので

パソコンはスマートフォンに比べ、より専門的な仕事も出来るので、

メリット

スマートフォンと違ってパソコンでは多くの副業をする事が可能です。

また、スマートフォンと比べて大金を稼ぐ事が出来ます。

記事作成などのであれば、タイピングができれば、スマートフォンの何倍も早く稼ぐ事も出来ますし、専門性のある仕事やニッ
チな仕事にも問題なく対応できます。

デメリット

ダイビング能力が要求される。

パソコンでできる仕事の多くが、タイピングの技術が必要とされるので習得しておいて損はありません。

タイピングの速さ次第では少ない時間で多くの金額を稼ぐことも可能なので、自信がなければ練習してみてはいかがでしょうか。

現在では無料でできるタイピングソフトあります。

寿司打やe-タイピング等がおすすめです。

ランキング機能もあるので、遊びながら地力を上げる事ができます。

もし基礎からみっちり学びたいのであればタイピングソフトを購入すると良いでしょう。ゲーム感覚でプレイできる凝ったソフトも多いので、楽しく学ぶ事ができます。
速読式 タイピング練習 ソフト【脳速打ステージ】初級~上級編【頭脳王シリーズ】
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド EX
毎日の習慣にして楽しく学ぶ事ができれば、それだけ上達も早くなります。
一度試してみてください。

副業をする心構え

最後に、一番重要な副業をする際の考え方についてお話します。

副業を始める人の多くで共通しているのが、「楽して大金を稼ぎたい」「簡単に大金を稼ぎたい」です。

FXなどは元手があれば簡単にできますが、運要素が強く、初心者にとってはほとんどギャンブルのようなものです。

副業を目的としたこのサイトでは適していないので紹介していません。

実はネット副業で稼いでいる人の多くは、小さな事からコツコツと積み上げてきた人ばかりです。

アフィリエイトが際たる例で、月収100万円を超える人たちも、最初の数ヶ月は利益が出ない泥作業を必ず経験しています。

焦ると失敗する。コツコツが基本。

早く稼がないと稼げなくなるかも・・・と考えているかもしれませんが安心してください。

副業をしようと考える人はたくさんいますが、実際に稼げている人はごく少数です。

このサイトに来ている人も10人のうち8人は脱落してしまうかと思います。

なぜかというと、「もしかしたら稼げないんじゃないか」「私には無理なんじゃないか」という

ネガティブな感情に支配されてしまい、手が止まってしまうのです。

ですがそれは非常に勿体無い事です。

ネットの副業は積み重ねが重要で一番の基本です。

続ければ続けるほど資産になります。

だからこそ、必ず成果が出る事から始めてみましょう。

少額でもいいので、ネットを通してお金を稼ぐという事を知る事がモチベーションを保つには非常に大切です。

真剣に取り組む人はそれだけ結果につながる世界ですし、最終的に毎月安定した収入を得る事も十分可能です。

ネットで副業をする上での敵は、他の副業者ではなく、自分自身だという事を肝に銘じてください。

むしろ、10人の中の2人に入るくらいの勢いで続けていきましょう。

人間なので、失敗はつきものです。

大切なのは続けること。

取り組むこと。

続けた事で生まれるものに価値が発生します。

昨日今日で作ったものにはそんなに価値はありません。

それでは、少しでも豊かな生活になるように副業についてしっかりと学んでいきましょう。

初級編
初級編では無料で今すぐ始められる副業を紹介しています。ほとんどはお小遣い稼ぎですが、コツコツ続ければ2〜3万の収入も可能です。
中級編
上級編
アフィリエイト

更新日:

Copyright© 副業のススメ , 2017 AllRights Reserved.